スポンサーリンク

道路マニアのカントリーサイン集め

福山市 カントリーサイン

どうもお久しぶりです、道路マニアです。やっと更新することができました。

さて、今日は私のカントリーサイン集めについて語ろうと思います。

始めたきっかけは、道路レポートと同様ですね。
以前から気になっていたため、写真として残すことは自然と始めていた印象です。道路レポート開始と同時にあらゆる場所のカントリーサインを撮り始め、今ではかなりの枚数となっています。

ちゃんと整理していないのでどれくらい集まったかは分かりませんが、中国地方、九州地方、四国地方、兵庫県を中心に集めて参りました。以前勤めていた会社の頃は、東京で新入社員研修があったため、レンタカーを借りて関東地方を走り回ったこともありました(笑)。大学時代、同じ研究室の同期で行った北海道旅行では、私が一人で車を運転する代わりに、道の駅に寄らせてもらったり、カントリーサインを撮ったりしていたのもいい思い出です。また機会があれば、どれくらい集めているのか整理してみようと思います。

ただカントリーサインと言っても、たくさん種類があります。高速道路にあるもの、一般道にあるもの、図柄入りのもの、市町村名だけのシンプルなもの・・・。やはり写真を集めていて面白いのは図柄入りのものですね!最初の頃は、市町村名だけのシンプルなカントリーサインは面白みに欠けるため、撮らなかったことも多かったです。今となっては、それも貴重であったので、「あのとき撮っておけば・・・」というものもあります。市町村合併がその理由です。ほとんどの場合、合併すれば市町村の数が減り、カントリーサインも減っていきます。

しかし、実はカントリーサインにも地域性があるんです。四国地方では、合併によって撤去されてもおかしくないものまで残してある場合が多いのです。市町村名の端に「旧」と貼っている場合が多いですね。これは私のような道路マニアにとっては非常に嬉しいんですよ!!!

他にも、岡山県には図柄入りの看板は少なく、ほとんどがシンプルなものばかりです。県境付近の市町村では割りと図柄入りの看板も見かけますが、規則性はなく全てにあるわけでもありません。広島県は広島市以外の市と町で図柄入りの看板があります。ただし、合併前の看板の一部は撤去されており、旧甲山町と旧因島市はもう撤去されてしまいました。非常に残念です・・・。

このように、カントリーサインと言っても、非常に奥が深いことが伝わりましたでしょうか。私としても、まだまだ全国各地にカントリーサインは存在しているので、少しずつでも集めていきたいと思っています。とりあえずは47都道府県は回ってみたいですね!

コメント